サンクトガーレン - 北鎌倉の恵み

サンクトガーレン - 北鎌倉の恵み。
ラベルには「カラメル麦芽を用いた琥珀色の」って書かれていて、恐らくアンバーエールだと思います。結構酸味のある方。

f:id:K-HAT:20190720225954j:plain

サンクトガーレン - 北鎌倉の恵み

 

湘南ビール - シュバルツ (大仏Beer)

湘南ビール シュバルツ (大仏Beer)。
下面発酵の黒ビールなのでスタウトじゃなくてシュバルツ。
香ばしいけど深みじゃなくてスッキリめ。
夏に合うわー。

f:id:K-HAT:20190720225716j:plain

湘南ビール - シュバルツ (大仏Beer)

 

ハートランドビール

ハートランドビール

[2019.05.06]

てっきりキリンがヨーロッパのビールをアンダーライセンスで製造してるのかと思っていたが、キリンのオリジナルだった。
どう考えてもヨーロッパのピルスナー
うまい。

 

f:id:K-HAT:20190506202803j:plain

ハートランドビール

 

[2019.07.20]

外はモワっと暑いがエアコンの効いた部屋でハートランド飲むとうまい。

f:id:K-HAT:20190720225424j:plain

ハートランドビール

 

湘南ビール - バーレーワイン

湘南ビール - バーレーワイン。
バーレーワインの名に恥じない深みと適度な酸味。
ビールなのかワインなのか悩むこの感じが楽しい。
じっくり楽しみたいうまさ。

f:id:K-HAT:20190720224635j:plain

湘南ビール - バーレーワイン

 

Weltenburger Kloster Pils

ヴェルデンブルガー・ピルス。

 

[2019.05.24]

ドイツの修道院ピルスナー。これぞピルスナーの鏡。うまい。
なお、輸入業者は月桂冠

f:id:K-HAT:20190524233236j:plain

Weltenburger Kloster Pils

 

[2019.07.20]

30%offなので買ってきた。前回飲んだときは正統派ピルスナーと感じたが、今回はちょっと酸っぱい。賞味期限が近いということだ。

f:id:K-HAT:20190720224026j:plain

Weltenburger Kloster Pils

 

Gilgamesh - Hazy

ギルガメッシュ ヘイジー
アメリカ産。
濁ってるIPA。原材料が大麦麦芽、ホップ、小麦麦芽で、小麦を使っている時点で白ビール的な穏やかさも楽しめるのがヘイジーの良さなのか。苦みが後ろにまわって脇役になるのもポイント。
うまい。

f:id:K-HAT:20190720223517j:plain

Gilgamesh - Hazy

 

Sierra Nevada - Hazy Little Thing IPA

シエラネバダ - ヘイジー リトル シング。
濁ってるニューイングランド風のIPA
フルーティーだが、西海岸のそれとは違う東海岸の味。
苦みはどちらかというと強め。
うまい。

f:id:K-HAT:20190720000233j:plain

Sierra Nevada - Hazy Little Thing IPA

 

AleSmith - Brütiful Day

エールスミス - ブリュッティフル デイと読むのか?
ブリュットIPAも何種類か飲んだけど、何がブリュットの特徴なのかわからない。
このビールはフルーティーさと苦みを両立したタイプのIPAです。先にフルーティーさが来て、最後に苦みで締めます。
うまいです。

f:id:K-HAT:20190719230034j:plain

AleSmith - Brütiful Day

思うに、キリッとしたクリアさがあるので、これが糖分を完全に分解してアルコール化したブリュットIPAの効果なのかもしれません。