NetatalkとSambaの統合

最近はNetatalkとSambaを相互運用できるようになりました。 以下の環境で、実際に相互運用が可能なことを確認しています。

以下の環境では、Sambaのバージョンが古いので相互運用できないことを確認しています。 Sambaパッケージを削除してtarballで最新版を入れれば可能と思われます。

 

Netatalk 3.1.8でオプションea =が追加されています。

ea = samba

これを利用すると以下の機能が有効になります。

  • 拡張属性(代替データストリーム)の保存方法をSambaと同じにする

Samba 4.2.xでvfs_fruitが追加されています。

ea support = yes
vfs objects = catia fruit streams_xattr
fruit:locking = netatalk
fruit:encoding = native
streams_xattr:prefix = user.
streams_xattr:store_stream_type = no

これを利用すると以下の機能が有効になります。

fruit:locking = netatalkはバグがあるのでコメントアウトする必要があります。(Samba 4.6.1と4.5.4で直ってるのを確認。)

[Samba] vfs_fruit: cannot remove any file

 

更に、Samba 4.8.0では、以下のTime Machie用のオプションが追加されました。

fruit:time machine = yes

かつては様々な互換性問題により、macOSからはNetatalkWindowsからはSambaという使い分けをするしかありませんでした。 これからは、Netatalkea = sambaとSambaのvfs_fruitを使えば、Netatalk繋いでもSambaに繋いでも結果的に同じということになります。

現在のmacOSはSMB上でファイルを扱う場合、FinderInfo、リソースフォーク、拡張属性等を代替データストリームに変換して扱います。今までのSambaはこれに対応していなかったので、色々と面倒が発生しました。特にリソースフォークはサイズが大きいので、Solaris系OS上のZFSを除いては、それをうまく扱えません。 また、macOSはWindows禁止文字を私用領域の文字に置き換えてSMB上で扱うという手法を取るので、これも互換性がありませんでした。 vfs_fruitは、これらのmacOS独自仕様を上手に扱うためにNetatalk 3.x方式に変換します。

また、Sambaはファイルの排他処理の方法がNetatalkと異なるので、Netatalkで先に開いているファイルをSambaで開くとロックしませんでした。vfs_fruitはSambaのロック方式をNetatalkに合わせるので問題がなくなります。

 

vfs_fruitのバグ一覧はコチラ。

The Samba-Bugzilla – Bug List

パイナップル

以前パイナップルを庭に植えたときは、結構育ったけど、冬に枯れた (当たり前)。
なので、今度は鉢植えにして、冬に室内に退避させる作戦です。 まずは水挿しにして、根が生えるのを待つ。

pineapple

鉢に植えてから1ヶ月。ちゃんと根付いたね。
pineapple 2017.06.24

室内で年越して約1年。順調。次の目標は、実を食べること。
pineapple 2018.04.14

いつNetatalkを捨てて、Sambaに移行すべきか

macOSはAFPの利用を縮小し、徐々にSMBに移行しています。

したがって、いつかはNetatalkを捨ててSambaに完全移行する必要が出てくるでしょう。

いつでしょうか?

 

続きを読む

QNAPのSupportページが嘘

QNAPのSupportページの説明が嘘で困る。 ファイル名中にスラッシュ ("/") を含むファイルが 2 つあります。ひとつのファイルを SMB で、もうひとつを AFP で NAS にアップロードしましたが、File Station 内でスラッシュが異なって見えます。これはなぜでしょう? - QNAP こういう説明をしている。

SMB と AFP ではファイル名中に "/" はつかえません。SAMBA は "/" を "☐" に変換します。"a/b" というファイル を SMB でアップロードすると、File Station 内では "a☐b" と表示されます。Netatalk は "/" を ":" に置き換えます。"c/d" というファイル を AFP でアップロードすると、File Station 内では "c:d" と表示されます。

まず冒頭。

SMB と AFP ではファイル名中に "/" はつかえません。

"/"はWindowsでファイル名禁止文字だからSMBで使えないのは当たり前だが、macOSでは禁止されてないので、使える。そうでないと困るでしょう。

SAMBA は "/" を "☐" に変換します。

macOSが0xf022に変換してからSMB上に流すのであって、SAMBAが変換しているわけではない。 そもそもNetatalkとSambaで"/"の扱いを統合する方法は既にあるのだが、QNAPは使ってないのか?

メンバーがとんでもないバンド Gizmodrome

ウドー音楽事務所から、ギズモドロームという知らないバンドのライブ告知がきてたのだが、メンバーがとんでもない。
【メンバー】 スチュワート・コープランド (ポリス) (Dr./Vo.) エイドリアン・ブリュー (キング・クリムゾン) (G./Vo) マーク・キング (レヴェル42) (B./Vo) ヴィットリオ・コスマ (PFM) (Key./Vo.)
この滅茶苦茶なメンバーでまとまるのか?
Gizmodrome - Man In The Mountain
どうやらこれがシングルカット曲のようだ。ちゃんとまとまってるわ。
Gizmodrome - Amaka Pipa

この曲は各メンバーの個性がはっきりわかる。
白人レゲエとプログレを組み合わせてニューウェーブっぽいアレンジにした感じか?
滅茶苦茶なメンバーでまとまってるというと、SuperHeavyというのもあったな。

とても落ちつくRhiannon Giddens

最近気に入っているリアノン・ギデンス。 Rhiannon Giddens - Come Love Come

ジャンルがよく分からない。 民族楽器っぽいものを使っているのでブルーグラスのような気もするが、ブルースのような気もする。ファンクっぽい曲もある。 調べると「アメリカン・ルーツ・ミュージック」という適当くさい言葉を使っていたりもする。 Rhiannon Giddens - Baby Boy (Official Audio)

YouTubeの公式サイトをみたら、静止画の音源を公開している。Official VideoじゃなくてOfficial Audioだってさ。 派手に売る気は毛頭ないんでしょう。こういう人は肩に力が入っていないので、聴きやすいし飽きない。

ユリ 今年は3本

庭に植えたユリが年々ゴージャスになっていく。

2007年 2輪

2010年 3輪

yuri3.jpg

2011年 6輪

lily_six.jpg

2012年 6輪

6連ユリ

2013年 11輪。いっぺんに咲かないので、写真では5輪だけ。 lily_20130713.jpg

2014年。根元から2本生えた。5輪 + 4輪 = 9輪。 ユリ 2014.07.13

2017年。根元から3本生えた。1輪 + 1輪 + 2輪 = 4輪。 lilly_2017.07.08