横浜ビール

横浜の横浜ビール。

馬車道駅や桜木町駅から徒歩数分のところでビールを作ってます。2Fにレストランもあります。

 

横浜ラガー - モルト感強めでホップも強め。

横浜エール - ビターでありながら、麦の芳ばしい風味が強い。

横浜ウィート - ベルギー風の正統派白ビール。

ハマクロ - ブラックIPA。コーヒーのような芳ばしさ。ホップの風味がとても強い。

ピルスナー - チェコ風で濃い目。

アルト - 麦が濃いめ。

ペールエール - アメリカンスタイルだが麦の風味が強い。

ヴァイツェン - ちょっと濃いめの正統派の濁った白ビール。

道志の湧水仕込 - 飲みやすいケルシュ。

瀬谷の小麦 - ベルギー風の正統派白ビール。

野毛ビール - ゴールデンエール。麦の風味は優しく、ホップの苦みがアクセントに。

横浜小麦使用 相鉄限定 横浜ビール - 「瀬谷の小麦」のラベル違い

干支(子)ラベルビール - 「横浜ラガー」のラベル違い

ペールエール 2023 干支ラベル - たぶん通年商品のペールエールと同じビール。

柚子ヴァイツェン - ドイツ風の穏やかな白ビールに柚子の風味が絡む。

道志村柚子ヴァイツェン - バナナ香は軽めで、そこに柚子の風味が合わさる。

かながわリスペクトビール - 「ともに生きる社会かながわ憲章」の理念に賛同したビール。

YOKOHAMA Groovy Lager - ホップのトロピカルな風味が強い。IPLというやつですね。

オレンジペールエール - オレンジの風味がして特に違和感はない。

綱島桃エール - 鼻から蜂蜜と桃とアルコールの香りが抜ける。

ともだちウィートエール - ドイツ風白ビールに梨とハチミツが入っている。見事にマッチ。

横浜港北フレッシュホップエール - ホップのアロマを感じるが、それよりも青みが爽やかスッキリ。

缶生 ディープローカルセッションIPA - ホップのピュアな青々しさがスゴイ。

缶生 1962 レッドエール - 王道のレッドエールの香りにキリッとした苦み。

ヨコハマ カオルヴァイツェン - 強すぎないバナナ香。爽やかなミカンようなのホップの風味。

ストレートフローIPA - アルコール7.0%の西海岸IPA。マンゴーとかのトロピカル系の感じが舌の上で優しくまろやか。

ふえきりゅうこう - アルコール5.0%のセッション ブラック ベルジャン IPA。すっきりめ。

ダイナミック・エントリー - アルコール6.0%のアメリカンIPA。樹脂感強め。

つなぐセゾン - かなり本格的なセゾン。ベルギーからの輸入品みたい。かなりスパイシー。

YOKOHAMA WestSide Lager - ちょっとミカンの味がしますが、ホップのアロマに見事に融和。

オールドスクール - なるほどこれはイギリスっぽい風味。度数が低くてもしっかり芳ばしい。

横浜サ旅ビール-Helles- - アルコール4.8%のヘレス。喉の奥までスルスルと入っていきます。

グリーンシトラスピルスナー - 摘果みかん果汁入り。とにかく青い苦みが強い。

BAYSTARS WEIZEN - ココナッツを焼いたものが入ってる。

香り華やかヴァイツェン - 優しいバナナ香。ミカンのようなフレッシュなアロマ。

Tsunagu Hawaii Beer - ココナッツとパイナップルとハイビスカスが入ってアルコール5.0%のヴァイツェン。

Laminar4 - アルコール7.0%の西海岸IPA。ダンク。そしてトロピカル。

Oriental Magician - アルコール5.0%のダークラガー。まろやかなまとまり。

 

横浜ビールのサイトはこちら。

https://www.yokohamabeer.com/

 

f:id:K-HAT:20200530213147j:plain

横浜ビール

[驛の食卓]

馬車道駅や桜木町駅から徒歩数分。

1Fは醸造所とタップルーム。2Fはレストラン。

以前の門構え。

横浜ビール直営店 驛の食卓 2022/6/25撮影

2024年に門構えが落ち着いた感じになりました。店内は変わってませんね。

横浜ビール直営店 驛の食卓 2024/2/4撮影

横浜ビール直営店 驛の食卓 店内

横浜ビール直営店 驛の食卓 グッズも販売してます